ユーザ対応機能

ユーザ対応では、Windowsのユーザごとに、違う献立情報を持つことができます。

ユーザ対応は、ミント、セージ、チャービル、フェンネル、サフランで ご使用になれます。

ユーザ対応

Windowsのユーザごとに違う献立情報を持つことができますので、 ユーザごとにそれぞれ違った献立を作成することができます。

フォルダの選択

データベース・フォルダ

献立情報を保存する場所を、データベース・フォルダと呼びます。

データベース・フォルダに、各ユーザごとのすべての情報が格納されます。

データベース・フォルダの中

データベース・フォルダは、 各ユーザで最初に起動する時に指定します。

起動時の指定

指定したデータベース・フォルダは、「 詳細設定」( フェンネルサフラン の機能)で変更することができます。

献立情報のバックアップ

バックアップ(作成された献立情報の複製保存)は、 データベース・フォルダを、フォルダごとCD・MO・DVDにコピーすることで、 手軽に実現できます。

データベース・フォルダ

Copyright (C)2005 Arc Laboratory
inf@arc-lab.jp