エビデンス機能

エビデンス(evidence)は、英語で「証拠」「根拠」「証明」という意味の言葉です。

献立作成業務は、人体の根幹を成す食物・栄養を体内に採るための食事を決定する重要な業務です。 この素晴らしい業務が適切に遂行されていることを証明するための一つの手段として、「エビデンス機能」はご活用いただけます。

エビデンス機能は、 サフラン でご使用になれます。

評価内容

献立ごとに、下記の評価が行えます。

  • 総合評価:10段階評価
  • 個別評価:5種類の5段階評価(内容をユーザが指定可能)
  • レビュー:文章による評価
  • 評価者の情報:役職・氏名・評価日など

エビデンス登録パーツの画面

評価結果

評価結果を、下記の内容で表示・印刷できます。

  • 総合評価の統計的集計
  • 個別評価レーダーチャート
  • レビュー一覧

エビデンス集計パーツの画面

集計の種類

集計には、下記の種類があります。

  1. 平均値:対象データの合計を、データ数で割った値
  2. 最頻値:対象データの値で、もっとも多く現れる値
  3. 中央値:対象データを値が小さい順に並べて、その中央のデータの値

グラフの種類

グラフには、下記の種類があります。

  1. 棒グラフ:総合評価の集計値
  2. 棒グラフの例

  3. レーダーチャート:5種類の個別評価の集計値
  4. レーダーチャートの例

  5. 円グラフ:各評価の評価値の分布
  6. 総合評価分布の例 個別評価分布の例

その他の機能

  • 評価用紙の印刷
  • 検食簿用紙の印刷(Excelカスタマイズ可能)

エビデンス機能の意義

作成した献立の評価を複数の方々に行っていただくことで、 献立の適正な評価が行えます。

献立作成業務の成果を、評価結果として記録に残すことができます。

評価結果を活用して、さらに良い献立にしていくことで、 より良い献立作成の改善サイクルにお役立ていただけます。

Copyright (C)2005 Arc Laboratory
inf@arc-lab.jp