アクセシビリティについて:アーク研究所

当サイトは、さまざまな環境で使用されている一人でも多くの皆様にお使いいただけるように、各種ウェブ表現技術・手法を利用しながら、「誰もが使いやすく分かりやすいサイト」を目指し、W3C(World Wide Web Consortium)中の組織WAI(Web Accessibility Initiative)発表の「Webコンテンツアクセシビリティ・ガイドライン(WCAG)」及び、日本工業規格JIS X8341-3等をもとに、順次Webアクセシビリティ対応化を図ってまいります。

WEB標準準拠

  • XHTML(eXtensible HyperText Markup Language) 1.0 Transitional
  • Webコンテンツの文書構造を記述するための言語
  • CSS(Cascading Style Sheets) Level 2
  • Webコンテンツの表現を指定するための仕組み

WEB標準準拠のメリット

  • アクセシビリティの向上
  • ファイルサイズの低減とサーバースペースの節約
  • HTML文書の読み込み速度の高速化
  • メンテナンス性の向上
  • SEO(検索エンジン最適化)対策
  • メンテナンス性の向上
  • ブラウザ後方互換性と前方互換性の確保
Copyright (C)2005 Arc Laboratory
info@arc-lab.jp